スタッフブログ大規模修繕に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

塩ビシート防水の費用はどのくらい?単価をご紹介します!

大規模修繕の豆知識 2022.12.01 (Thu) 更新

塩ビシート防水工事は、業者によって内容や金額が異なります。
そこで今回は、塩ビシート防水工事を検討中の方に向けて、塩ビシート防水の単価について紹介します。
工法についても解説しますので、ぜひ工事を考える際の参考にしてください。

□塩ビシート防水の単価を紹介!

1つ目は、下地処理です。
1平方メートルあたり100円から600円かかります。

2つ目は、下地保修です。
1平方メートルあたり2000円から3000円かかります。

3つ目は、平場の塩ビシート防水です。
1平方メートルあたり5000円から6000円かかります。

4つ目は、立ち上がりの塩ビシート防水です。
1平方メートルあたり3000円から5000円かかります。

5つ目は、末端処理です。
つなぎ目の隙間から水が入らないようにする修理です。
1平方メートルあたり2000円から3000円かかります。

6つ目は、改修用ドレンです。
1箇所あたり13000円から15000円かかります。

7つ目は、脱気筒です。
機械固定工法のみで使用されます。
1箇所あたり12000円から15000円かかります。

8つ目は、発生材処分費です。
工事で出た廃材の処分費です。
一式あたり10000円から30000円かかります。

9つ目は、現場経費です。
現場監督の人件費や手続きにかかる諸経費です。
上記に記載した8つの約10パーセントの費用がかかります。

□シート防水の工法について

*塩ビシート防水機械固定法

シート防水の優れた工法です。
入隅コーナー部といった部分にシート鋼板をドリルで固定して塩ビシートを接合する工法です。
また、下地の撤去や調整がほとんど必要ないため、改修工事に適しています。
溶着剤で瞬時に接合するため、長時間にかけて安定した接合面を保てます。

*シート防水密着工法

塩化ビニール樹脂で作られた防水シートを接着剤を使って貼り付ける工法です。
下地が平らでないと施工が難しいケースがあります。
また、下地の撤去や調整が必要ないため、改修工事に適しています。
さらに、比較的短い期間で仕上がります。

一方で、施工後に接着剤が剥がれることがあるため注意しましょう。

□まとめ

今回は、塩ビシート防水の単価について紹介しました。
塩ビシートは点検の必要がなく、耐久性も非常に高いのが特徴です。
当社は、修繕工事完了後の定期点検といったアフターフォローが充実しております。
建物の修繕工事をお考えの方はぜひ当社までご相談ください。