スタッフブログ大規模修繕に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

ドローンによる建物の外壁調査のメリットとデメリットについて解説します!

大規模修繕の豆知識 2022.12.09 (Fri) 更新

ドローンによる建物の外壁調査には、さまざまなメリットがあります。
その一方で、ドローンを使用するデメリットもいくつか存在します。
そこで今回は、外壁修繕をお考えの方向けに、ドローンによる外壁調査のメリットとデメリットを紹介します。
ぜひ外壁修繕について考える際の参考にしてください。

□ドローンでの外壁調査のメリットとは?

1つ目は、正確な見積もりを出せることです。
空撮による細部までの調査が可能なため、より正確な見積もりを出せます。
マンションの高さの制限なしに空中から調査可能です。
また、現在は調査の範囲が広くなったため、より正確な見積もりを行えます。

2つ目は、点検記録を保存できることです。
動画や画像で調査記録を保存できます。
また、何か異常が発生した場合でも、過去の調査の履歴を遡ることで、時間経過を確認できます。
近年では、カメラの多様化によって赤外線画像による点検記録も取得できるようになっています。

3つ目は、調査費用を安く済ませられることです。
作業員による調査よりも人件費や機材費を減らせるため、調査費用も安くなります。
ドローンを操作する人さえいれば、調査できるのです。

4つ目は、調査が短時間でできることです。
空中から広い範囲での調査が可能なため、短時間で終了します。

5つ目は、安全に調査ができることです。
作業員はドローンが取得する映像を見るだけで調査ができるため、安全です。
また、調査用のドローンの多くは自動操縦ができる他、衝突防止用センサーが付いているため、操縦ミスによる危険もありません。

□ドローンでの外壁調査のデメリット

*調査が天候に左右される

ドローンを使用する調査は、天気が良くない場合は実施できません。
雨や風が強いと墜落する可能性があるため、悪天候の日に調査を行うと事故になってしまうケースもあります。
常時天候が良い場合しか飛行ができないため、墜落のリスクを未然に防ぐよう心がけましょう。

*場所による飛行の制限

調査対象の建物の立地や環境によっては、ドローンの飛行を制限、禁止される場合があります。
ドローンの飛行には、厳しい規制があります。
外壁調査をする際は、事前に許可を取らなければならない場合もあります。

□まとめ

今回は、ドローンによる外壁調査のメリットとデメリットを紹介しました。
当社では、事前にオーナー様の想いを踏まえた適切な修繕を提案いたします。
建物の外壁修繕を現在検討されている方は、ぜひ当社までご相談ください。