スタッフブログ大規模修繕に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

マンションの外壁工事はなぜうるさいの?原因と対策を併せてご紹介します!

大規模修繕の豆知識 2022.12.23 (Fri) 更新

マンションの大規模修繕は多くの場合12年から15年周期で行われるため、長年マンションに住んでいる方は経験済みだと思います。
大規模修繕では騒音が発生する工事も多いため、ストレスを感じる方も多いのではないでしょうか。
この記事では、マンションの修繕工事で音が気になる場合の対策方法についてご紹介します。

□マンションの修繕工事はなぜうるさいの?

マンションの修繕工事でうるさいと感じる原因は、足場工事、外壁改修工事、高圧洗浄機や掃除機の騒音、舗装などの撤去工事の4つに分けられます。

1. 足場工事

マンションの外壁工事の際に使用される足場は鉄でできていますので、組み立てや解体の際に独特の金属音が出ます。
また、足場の倒壊を防ぐ目的で設置する壁つなぎを設置する際は、騒音が発生することもあります。

2.外壁改修工事

ひび割れが生じているタイルを撤去する際、電動カッターを使用するため大きな音が発生します。
また、タイルの張り替え前はコンクリートに電動工具を使用するため、コンクリートを削るような大きな音も聞こえる可能性が高いです。

3.高圧洗浄機や掃除機の音

外壁や屋上の下地は高圧洗浄機を使って洗浄しますので、エンジン音や水を放射する音がします。
高圧洗浄機の機種によって遮音性が高いものもありますが、エンジン音は避けられないので注意しましょう。

4.舗装などの撤去工事

こちらは特に大きな音が出る工事です。
既存のアスファルトを撤去する際、ストレスを感じてしまうほどの音が鳴り響きます。
工事をする範囲が狭ければすぐに終わりますが、広ければ時間も比例して長くなってしまいます。

□マンションの修繕工事による「うるさい」の対策方法をご紹介!

修繕工事中の「うるさい」を対策するためには、音がするタイミングを把握し、日中は外出することが効果的です。
音がするタイミングが把握できていれば、突然大きな音がしてびっくりしたという事態も防げますし、音が出る前に対策を講じることも可能です。

どうしても騒音が気になる方は、音が発生する日や時間帯は外出すると良いでしょう。
家にさえいなければうるさいと感じることもないので、騒音によるストレスが溜まることもありません。

□まとめ

マンションの修繕工事は、足場工事や外壁改修工事、高圧洗浄機の音などさまざまな工事が原因で騒音が発生します。
騒音によってストレスが溜まることを防ぐためには、音がするタイミングを把握することが効果的です。
どうしても音が気になる方は、音が発生する時間帯だけでも外出すると良いでしょう。