スタッフブログ大規模修繕に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

マンションの工事はなぜうるさいの?騒音対策も併せてご紹介!

大規模修繕の豆知識 2023.01.16 (Mon) 更新

マンション生活を長く経験されている方は、マンションの共用部分の修繕工事に遭遇したことがあると思います。
修繕工事は期間も長く騒音も発生しますので、できれば避けたいですよね。

しかし、定期的に修繕工事は行われますのでマンションに長く住もうとお考えの方は避けられないと言えます。
この記事では、マンションの修繕工事がうるさい原因や騒音対策をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

□マンションの修繕工事はなぜうるさいの?

マンションの修繕工事で音がする工事は、足場工事、タイル工事、解体工事、美装工事の4つです。

1. 足場工事
足場工事では、足場の部材と部材をつなぐ際に発生するはめ込み音や壁に足場を取り付ける際のドリル音が発生します。

2. タイル工事
タイル工事では、外壁のひび割れたタイルを撤去するために切り込みを入れるのですが、その際に使用する電動カッターが騒音の原因となることがあります。

3. 解体工事
既存の建物を取り壊すため、部品を解体する際に大きな音が発生します。
どのような音が発生するのかは、解体する部位によって異なります。

4. 美装工事
こちらは外壁の汚れを落とす際に使用する、高圧洗浄機のエンジン音が騒音の原因となることがあります。

□マンションの工事がうるさい場合の対策をご紹介!

マンションの修繕工事がうるさい場合の対策として、事前に周囲の方に工事を周知してもらい、あらかじめ住人の許可を得ている時間帯に工事を進めることが効果的です。
人々の生活スタイルは様々であるため、すべての人にとって騒音が発生しても気にならない時間はありません。

しかし、事前に工事のことを知らせておくことで、トラブルを防ぐことが可能です。
居住者に工事のことを知らせる際は、工事の日程や内容だけでなく特に大きな音が出る日もあらかじめ伝えておくと、居住者の方は自分の都合を立てやすいでしょう。

また、マンションでは管理規約で工事できる時間帯が定められている場合があります。
管理規約によって詳細は異なりますが、例えば住人が長く家に滞在する可能性が高い土日や祝日は工事が禁止されているところが多いです。

家に滞在している時間に騒音がすると住人のストレスも溜まりやすいので、工事を休みにするかもしくは音の出ない工事のみにすると良いでしょう。

□まとめ

マンションの修繕工事では、足場の建設や外壁の汚れを落とす際に使用する高圧洗浄の音など騒音の原因が様々あります。
人や物が動く際はどうしても音が出てしまうので、工事中、完全に音を排除することはできません。
そのため、事前に騒音が発生する時間帯や期間を伝えておくことで騒音トラブルを回避できます。
マンションの修繕工事をお考えの方は、ぜひ当社にお気軽にご相談ください。